次世代のモバイルブロードバンド規格である5Gの登場は、VVDNテクノロジーズにとって、当社の強みであるソフトウェアとハードウェアの専門知識を活用し、他にはないご提案を提供しています。サンスクリット語でパワフル、ファースト、エンデュアリングを意味するIRYA、ADYA、SAHAと名付けられた当社の生産性が高く、低コストのハードウェア・アクセラレータ・カードは、現在のゲーム・チェンジャーとなっています。これらのカードは、市場での複数の5Gクエリに対する答えです。

しかし、その前にスマートNICとは何か、なぜ必要なのかを知っておきましょう。

ネットワークインターフェースカード(NIC)は、PCIeに準拠したカードで、高速イーサネットネットワークとレガシーサーバー/ストレージボックスの橋渡しを行います。スマートネットワークインターフェースカードは、サーバーがネットワークトラフィック処理をスマートNICにオフロードすることができる先進的なバージョンで、既存のレガシーサーバーやハードウェアとの高いパフォーマンスと効率性を実現するのに役立ちます。

サーバーベースのネットワークデータプレーンの複雑さを解決し、ネットワークインターフェースの帯域幅を増やすことで作業効率を高め、CPUがより多くの機能を実行できるようにします。

IRYA SMART NICが必要な場所とその理由

スタンドアロンの5G フロントホールlソリューション、OvSオフロード、SSLアクセラレーションに使用でき、同時に低コストで生産性の高いハードウェアです

IRYA は、2 バンクの DDR4 メモリを搭載した Xilinx Virtex ultrascale+ XCVU7P/9P FPGA を中心に構築されたハーフハイトハーフレングス (HHHL) PCI Express® Gen3 x16 準拠のカードです。このカードは、計算量の多いネットワーキング・アプリケーション(有線および無線)を高速化するように設計されています。IRYA は、リファレンス ソリューションとして OvS (Open vSwitch) および Cryptography (Network Accelerator) の実行テストに成功しています。

注目のポイント:

  • 2 X 10/25/40/50/100G 搭載 ロープロファイルPCIeネットワークプロセッシングFPGAボード
  • Dual QSFP28 cages 40GbE/100GbE ネットワークソリューション
  • PCIe Gen3 x16
  • シーケンス用マイクロコントローラ

IRYA Smart NICの詳細つきましてはこちらをクリックしてください。

ADYA Telco NICの役割はどこにあるのか。

5G Telco DCに使用されるTelcoグレードのレイヤ1アクセラレーションカードです。

ADYAはXilinx Zync Ultrascale+ MPSoC & RFSoCをベースに構築されたフルハイトハーフレングス(FHHL)カードで、2つの25G SFP28とx16 PCIeインターフェイスを2つのx8インターフェイスに分岐しています。レイヤ1(High PHY & Low PHY)の実行と、5G Fronthaulのリファレンスソリューションとしてテスト行い成功しています。

注目のポイント:

  • Xilinx Zynq Ultrascale+ ZU21DR と Xilinx Zynq Ultrascale+ ZU19EG
  • 2 x QSPI Flash、QSPIモードで256MB
  • 1枚のカードにNICとL1のオフロードを搭載した唯一のソリューション – 1RUサーバを実現
  • CPU単体で10倍の性能向上(20倍以上のソリューションコスト削減
  • Telcoグレードの信頼性(NEBS)において設計

VVDN’s ADYA Telco NICの詳細つきましてはこちらをクリックしてください。

SAHAアクセラレーションカード

これはまもなく発売される予定で、L 1オフロード専用(エンコード/デコード)に設計されており、5 G-RAN DU/CUの導入および5 Gベースステーションに有益です。

シングルスロットのハーフハイトハーフレングスカード(HHHL) SAHA Telco NICは、Xilinx Zync Ultrascale + RFSoCを中心に構成されています。RFSoCにはハードSD-FECブロックが含まれており、LDPCエンコード/デコードのようなCPU集約的なタスクをオフロードします。このアクセラレーションカードはPCIe x16を介してCPUとインターフェイスされています。

以前は、CU/DUサーバは高計算ビット処理のために使用されていましたが、現在はHi-PHY L1ビット処理をSAHAカードにオフロードすることができます。

アドバンテージ

  • トラフィックの緩和
  • コアを節約しパフォーマンスを向上
    • FPGAのシングルLDPCエンコーダ、ソフトウェアは4個のCPUコアを使用
    • FPGAのシングルLDPCエンコーダ、ソフトウェアは10個のCPUコアを使用

ご質問などございましたらお気軽にこちらから弊社担当者までお問い合わせください。

Priyanka Pandita

Author

Priyanka Pandita

Tech. Marketing Specialist 5G