VVDNは、エンジニアリングサービスと製品設計の分野において、市場で最も優れた企業の一つとなっております。VVDNは、RFエンジニアリング分野での設計、開発、シミュレーション、テストの専門知識があり、RFチームは、さまざまなビームフォーミング技術に対応したアンテナやアレイの開発、大電力でのパワーアンプから最大の直線性、RFサブシステムのエンドツーエンドモデリングの総合的な専門知識など、豊富なバックグラウンドを持っています。これにより、サブ6GHzとミリ波周波数の両方での5Gシステム開発に向けて、独自の優位性を発揮しています。

VVDNのRFエンジニアリングにおける熟練度は以下の通りです。
  • 様々なハードウェアオプション上での物理層(High PHY + Low PHY)の開発
  • FR1とFR2の両方の周波数帯(FR1は6GHz未満、FR2は60GHzまで)のあらゆる展開シナリオに対応したRF設計能力
  • 内製による機械設計と製造により、VVDNの迅速な設計とターンアラウンドタイムを可能にします。
  • 30人のRFエンジニアからなる専門チーム
  • エンド・ツー・エンドの5Gスモールセルおよびフェムトセルソリューションのためのチャネル変調を含むRF回路およびアンテナ設計ツールを完備したラボ。その他の機器には、VNA、スペクトラムアナライザ、信号アナライザ、無響室、ベクトル信号発生器などがあります。
VVDNのRFエンジニアリングは5G分野でどのような役割を果たしているのか?

このチームは、無線アプリケーション用のRFICおよびMMICの半導体開発に関する豊富な専門知識を有しており、Macro RUs、SmallCells、FemtoCells向けのフル製品の開発を可能にする能力を有しており、以下のようなエンドツーエンドのケイパビリティを備えています。

  1. デジタル設計
  2. RF設計
  3. アンテナ設計
仕様マクロセルスモールセルフェムトセル
範囲数キロ10~100メートル50m未満
消費電力高 (通常)
10W以上

1Wから5W

100mW未満
ユーザ数約200以上小面積で約50ユーザ最大16ユーザ
場所屋外
(都市部&農村部)
屋外
(モール、スーパー、公園、カフェ&スタジアム等)
屋内(ネットワークホットスポット、地下室、地下鉄構内など)
屋内
(法人事務所など)
設置個所壁または天井壁または天井

これらのセルはすべて、ユーザー数、カバーする距離、チャネル周波数、消費電力目標に基づいて、アンテナとRFサブシステムを独自に統合したものです。

RFは無線通信において重要な役割を果たしています。信号の伝送範囲は伝搬の波長と変調技術に基づきますが、信号の品質はアーキテクチャの選択と送受信チャネルの慎重な計画によって決定されます。

VVDNのRF技術拡大は、5G通信分野に大きな影響を与える可能性があります。VVDNはお客様のビジネスニーズにお応えし、将来のイノベーションのために選ばれるパートナーになることを楽しみにしています。

詳細については、info@vvdntech.com までお気軽にお問い合わせください。

VVDNの5Gについての詳細はこちらをクリックしてください

Pratap Rana

Author

Pratap Rana

Director - 5G and Data Center