5G NRとは。

5G NRは新しいRadio Access Technology (RAT) で、統合されたより機能的な5 G無線エアインターフェイスの世界標準になるように設計されており、ワイヤレス・ユーザーに大幅な高速化と大容量化を提供することで、モバイル・ブロードバンドの体験を向上させ、モバイル技術を拡張して様々な新産業の再定義に貢献します。遅延時間やネットワークロスが少なく、エンドユーザーや顧客にメリットをもたらし、完璧な体験を提供できるように設計されています。

5G NRは、ワイヤレスネットワークシステムからのスループット、レイテンシー、容量の点で、IMT-2020で定義されたすべての要件を満たすように設計されています。例えば、以下のようなものがあります。

  •  mmWaveを使用した最大20Gbpsのデータレート
  • < 1 ms のエア・インターフェイスおよび < 5 ms の E2E のレイテンシ
  • 1平方キロメートルの面積あたり100万以上の接続デバイス

すべての携帯電話は通信を容易にするために電波を使用しており、無線アクセス技術は、無線ベースの通信ネットワークの基礎となる物理的な接続方法です。最近の携帯電話の多くは、Bluetooth、Wi-Fi、GSM、UMTS、LTE、5G NRなど、1つのデバイスで複数のRATをサポートしています。

5G NRはどのように機能するのか。

5G NRには、直交周波数分割多重化(OFDM)ファミリの波形が使用されます。これらの波形はLTEとWiFiの両方で使用できるため、5Gは全く新しい波形と多重アクセス設計に基づくものではありません。適切な最適化を行い、高効率・低複雑性を実現します。多様な5Gサービスの低遅延化と効率的な多重化を可能にするために、共通の柔軟なフレームワークを可能にします。

5G NR におけるVVDNの役割

NR は新しい 5G 無線アクセス技術であり、LTE の構造や機能の多くを再利用しています。しかし、NRは新しい無線アクセス技術(RAT)であるため、LTEの進化とは異なり、下位互換性を維持する必要性によって制限されることはありません。

VVDNは現在、スタンドアロン(SA)ソリューションをサポートしています。

VVDNはTDD & FDDで5G無線製品の開発が可能です。

Standard support 3GPP (latest release)
Frequency band Sub 6GHz, mmWave
Bandwidth 100 MHz
Subcarrier spacing 30 kHz
Maximum number of RBs 273 RBs
FFT size Up to 4096
5G Split up eCPRI, option 7.2 follow oRAN Cat A
Maximum antennas supported 1x 4T4R
Data flows C, U, S and M Plane
Synchronization IEEE 1588 PTP + SyncE
Transport header eCPRI over Ethernet
U plane data compression BFP and modulation compression

ユーザーフレンドリーなアプローチを念頭に置きながら、この技術をより革新的に活用していきたいと考えています。

VVDNが提供する5Gについての詳細はこちらをご覧ください。

Priyanka Pandita

Author

Priyanka Pandita

Tech. Marketing Specialist 5G