今日、私たちは電子/電機機器に囲まれており、使用状況によっては潜在的な脅威をもたらす場合があり、装置内で、たとえ小さな火花だとしても発火を引き起こす可能性があります。石油やガス、ガソリンスタンド、化学工業、発電所などの爆発性の高い環境で作業している場合には、危険性がさらに高くなります。この場合、ATEXが承認した機器は、このようなの地域における脅威を減らし、職場をより安全にするための最善の策です。

ここでは、ATEX認証とは何か、ATEX認証を複雑にしているものは何か、ATEXの適用可能性、そしてVVDNがどのようにしてATEX認証製品を開発してきたのかを知るために、深く掘り下げてみましょう。

ATEXとは何か。

ATEXとは、ATmosphere EXplosibleの頭文字をとったものです。ATEX認証は、爆発性環境での使用を意図した機器の保護を確保することを目的とした欧州連合の一連の法律です。企業は、ATEX指令2014/34/EUに従って認証することで、日常業務中に製品が爆発しないことを保証しなければなりません。

ATEX認証を複雑にしているのは何か。

ATEX認証プロセスでは、製品は多くのテストや品質チェックなどを受けなければなりません。これらのテストには数週間、場合によっては承認を得るまでに数ヶ月かかることもあります。また、プロジェクトの複雑さや関係する規格などの理由から、原則として、これらの試験は一回目では合格できません。認証プロセスの後、製品が品質要求事項に準拠していることを確認するための品質保証監査があります。

また、ATEX認証を取得した後に、製品の特性が変更されると、製品の特性が変更された場合には、初期の署名された文書に記載されていないネジの変更であっても、製品に軽微な変更を加えると、ATEX認証が無効になることをご存知でしょうか。

これらのプロセスはすべて、この試験を実施し、適合製品の証明書を発行する国の政府によって承認されたEUの届出機関によって行われます。 

ATEXは世界各国で適用されるのか。

世界各国は、製品の品質が損なわれないように、またリスクを最小限に抑えるために、異なる基準と認証を順守しています。現在のところ、ATEXは欧州連合内でのみ適用されていますが、ATEX認証を受けた製品を持つOEMは、認証を受けていない製品よりも優れていると判断されるため、他の国でもATEX認証を受けた製品として販売しています。最近では、ATEX規格は爆発性環境で使用されることを意図した機器のための世界的な主要な規格の一つになりつつあります。今後ATEXと認証のこれらのタイプが世界中で義務化されるのは時間の問題だろうと私は考えています。

VVDNがOEMに貢献できることとは。

VVDNは、ATEX認証製品の設計と開発における専門知識を活用しています。試験所やEUの通知機関との提携により、VVDNは100%の規制や規格に準拠していますので、ATEX認証製品をポートフォリオに追加したいと考えているOEMの皆様にお役立ていただけます。VVDNのATEXへの経験豊富なエンジニアがOEMの導入トレーニングをサポートします。より詳しい情報につきましては、最近開発しました危険環境においての使用をターゲットにしたATEX/IECEx – Zone 0認証の次世代トラッカーをご覧ください。

詳細につきましてはinfo@vvdntech.com までお気軽にお問い合わせください

Vikram Vig

Author

Vikram Vig

Executive - Marketing