VVDNは、エンドツーエンドのソフトウェアとハードウェアの専門知識で5G空間で注目すべき進歩を遂げており、市場のベストプレイヤーの一人として進化しています。VVDNのO-RAN over eCPRIは、PCIe Gen3.0 x8ホストインターフェースを使用してHigh-PHY SW層に7-2xスプリットアップするためのソリューションです。IQサンプルはPCIeインターフェースを介してFPGAに転送し、ホスト内でHigh PHYを実行することができます。フレーム同期のために1PPSの入力が用意されています。ブロック浮動小数点圧縮と変調圧縮をサポートしており、複数のFronthaulをサポートするスケーラブルな設計となっています。

まず、フロントホールとはなにか。

これは、RANインフラにおけるベースバンドユニット(BBU)とリモートユニット(RU)間のネットワーク接続のことで、LTEネットワークの始まりとともに、通信事業者が無線をアンテナに近づけたことで導入されました。5Gの進化に伴い、高度な5Gアプリケーションの要件に対応するために、柔軟なフロントホール展開を構成することが不可欠となりました。

このIPは具体的にどんな問題を解決するのでしょうか。

5G RANのO-RANアーキテクチャは、高いスループットでカバレッジとキャパシティの面でNWパフォーマンスを向上させることができるため、ほとんどの通信事業者に受け入れられていますが、同時に、gNB-DUとgNB-RU間のFronthaulインタフェースでは大きなレイテンシとスループットの要件がサポートされることが期待されています。

Open-Radio Access Network (O-RAN)は、マルチベンダーのDU-RU相互運用性を実現し、高スループットと超低遅延を実現する、真の意味でオープンなフロントホールインターフェースを提供します。

なぜ7-2xのスプリットが必要なのか?

  • フロントホールの帯域幅の効率性の向上は、主なメリットの一つです。
  • フロントホールインターフェイスにはいつくかの分割オプションがありますが、VVDNは現在オプション7、すなわち7-2x split optionに集中しています
  • 7-2x splitでは、7ブロックがCU+DUで処理、DUは5ブロックのみを処理、Low-PHYからの2ブロックはRUで処理されます。
  • 柔軟なハードウェア実装により、拡張性の高いコスト効率の高いソリューションを実現
  • スプリットアーキテクチャにより、負荷管理とリアルタイムのパフォーマンス最適化を実現します。

7-2x スプリットオプション DU & RU対応 VVDN O-RANフロントホールIP

また、VVDN Technologiesは、gNB-DUとgNB-RUの間のO-RAN 7-2x機能分割オプションに基づく5G Fronthaul Solutionを発表。このIPは複数のフロントホールインターフェースをサポートし、各フロントホールは25Gインターフェース上で30kHzのSCSを持つ100MHz帯域幅の非圧縮IQサンプルを最大8層まで伝送可能、以下の点にさらに注力していく。

  • O-RANトランスポーテーションのためのeCPRI IPソリューション
  • 同期化のための IEEE 1588 PTP サポート ブロック IP
  • パケット分類とサービス品質(QoS)のためのスマートインターコネクト
  • ブロック浮動小数点(BFP)や変調圧縮のような複数の圧縮/解凍をサポート
  • スケーラブルアーキテクチャ

7-2xスプリットオプションのO-RANフロントホールIPは、インターフェイスのシンプル性、トランスポート帯域幅のスケーラビリティ、相互運用性、RUの複雑さを低減、ファンクションシンメトリーに貢献します。これだけでなく、PHY機能をgNB-DUにオフロードすることで、RUの複雑さとコストを最小限に抑え、3GPP仕様の変更に伴うgNB-RU側の変更を最小限に抑えることができます。また、RRUで必要とされる電子機器を制限するのに役立ち、RUの処理がより複雑にならないようにします – これは冷却コンポーネントがRRUで必要とされず、以下のセクターがこのソリューションの恩恵を受けることになるので、コストを下げます。

  • DU-RRU ベンダー
  • 5G Telcos
  • インターネットサービスプロバイダ

VVDNは5G市場での潜在的な成長を目指しており、最高の5Gソリューションとコラボレーションをお探しの皆様に選ばれるパートナーとなることを楽しみにしています。

ここではVVDN Fronthaul IPの基本をご紹介していますが、ソリューションへの詳細とVVDNの総合的なアプローチ、お客様のソフトウェアとハードウェアのご要望に私たちのエンジニアリングパワーでサポートなど詳細な情報については、引き続き弊社WEBをご覧ください。

VVDN 5G オファリングの詳細につきましてはこちらをクリックしてください。

Priyanka Pandita

Author

Priyanka Pandita

Tech. Marketing Specialist 5G